脱肛の治療方法

肛門や直腸の粘膜が肛門の外に出てしまう状態である脱肛。人に相談しづらい悩みですが、そのままにして放っておくと手術が必要になる場合もあります。
ここでは脱肛の治し方について紹介します。

5%フェノールアーモンド注射による硬化療法
内痔核が対象で、外痔核には適応がありません。この薬剤を痔核、および痔核根部血管周辺粘膜下に注射することで、痔核血管周辺に炎症を起こさせ、その二次的な線維化により痔核内の血流を低下させ、痔核を消滅させる治療法です。硬くなった痔核、高度脱肛、切れ痔、痔ろうなどには適応はありません。比較的、歴史の古い治療法でさまざまな薬品が経験的に使用されてきました。注射は痛覚の無い粘膜の部分におこないます。肛門の皮膚の部分は敏感ですので注射はできません。麻酔も入院も不要で、非常に簡単におこなえる治療なのですが数年で再発しやすいのが欠点です。また出血を止める効果は高いのですが、痔核そのものを消滅させる効果は弱く、脱出の強い痔には効果が弱いです。

痔核根治術
現在行われている手術法は「半閉鎖式粘膜下痔核結紮切除法」が主流です。これは出血などの術後の合併症も少なく、肛門機能を温存する手術法です。ミリガ ン・モルガン氏法(結紮切除法)と云う術式もありますが、術後の治療日数がかかる、肛門狭窄があるなどの合併症があります。以前ホワイトヘッド氏法という術式がありましたが、術後に「ホワイトヘッド肛門」と云われる肛門狭窄などの合併症があり現在行われていません。

☟ed药

レビトラ>レビトラの効果時間は、5時間~10時間といわれています。レビトラを服用後、「紅潮感」「目の充血」の症状があらわれることが一般的な副作用としてよくあります。

Copyright© 2012-2013 脱肛の基本知識 All Rights Reserved.