脱肛の症状

脱肛とは、肛門や直腸の下のほうの粘膜が脱肛外に脱出する病気です。肛門粘膜脱とも言います。排便などで力んだ際に、校門から直腸の粘膜組織が出てくる状態です。飛び出した粘膜は痔核とよばれ、精力剤出血や粘液を伴うことがあります。初期段階では自然に元に戻りますが、だんだん指で押し込んで戻さなければいけない状態になります。

粘膜は分泌液を分泌しますが、肛門外へ粘膜が脱出することで粘膜部分が刺激を受け、分泌液が増加します。下着が汚れたり、肛門周囲に分泌液が付着することで湿疹が生じ、痛がゆくなったり、ジメジメとべとついたりします。また、粘膜部分は弱いので肛門外に脱出するとこすられて傷つき、そのために出血や痛みがみられます。痔核の脱出によるものでは時に脱出したまま(痔核の嵌頓状態)となり、激しい痛みが現れ、一部に壊死、感染がみられ、腐ったり、ひどくなると発熱することもあります。

脱肛になると、初期段階では、排便の際などにいきむことで、肛門から痔核が飛び出してしまいますが、放っておいても自然に元に戻ります。症状が悪化していくと、排便時のみならず、日常生活の中でお腹に力を入れたときに脱肛してしまいます。そのため、スポーツや長時間の立ち仕事に支障をきたすことになるでしょう。さらに、自然に戻らないため、手で押し込んだり、もっと悪化すると手で押さえても戻らず常時脱肛している状態になったりします。常時脱肛しているようになると、肛門にべたつきがあり、下着に粘液がついて汚れたり、かゆみを感じたりします。

☟男性烦恼解决

Copyright© 2012-2013 脱肛の基本知識 All Rights Reserved.