糖脱肛霜月光

2017-08-17

が幼いころから、私の愛で伏せ窓台の上で見上げた夜空の月を見ても、それをされる雲がかかったり、完全に回して.若い時に知り合いました、一人の詩を書いた友人、彼から何の話は、カードに書く:私になった滄海桑田など、私など地球に切り替わった顔など、一番難しいのは、1つのやさしいの約束.彼は私は自分で自分を守ると言って、とても感情を吐露することができない.一年春、豊かな小川のほとりを見た、私は天上の月:月が雲講、輝きはを覆い、透亮先生の雲.私は彼に月が見えないときも、存在感、含蓄の美はもっと目立つ思いますか?彼はしばらく黙って、笑って言う:“時、人は月を見て知っていて、それは確かに存在して.」

私は依然としてそんなに生活して、たくさんの人と知り合ってまた分離しました.含蓄の美と信じてる.ただ、年漸、私は月のとても良い夜,脱肛、特に喜びの気持ちがある.私は好きでベランダに立たせようと、糖霜月光を身に浴びる光の中の肌に透明にやさしくて,全体の心も柔らかくなって.月、私と最も親しい人の弟の3つの子供は.彼らの小さいとき、とても慕う私、私のような愛着が彼らと同じように、学校の後、がぎこちなくなった、もうそんなに野放図に付着して、私にうるさくつきまとう.でも、私は彼らに物語をする時に、小学1年生の姪も近づいて、少しずつ滑り込ん僕の腕に、全体の人のインデント私の懐で、猫のように乖顺;私が彼らと道を歩いていると、手でなでている四年生にの甥の頬は、彼もまた頭全体を我が掌中にもたれ、私に彼の頭を頼んで歩く.

昔、彼らは食事の時間に,おばさんと座るとどなっている!」涙さえも.しかし、夏休みが終わって、再会して食事をして、二人の子供は遠く離れて、言います:“私は成長して、使わないと叔母に座った.」

私は急に粗末に扱われて、ぼうっとしているさま.そして、私は彼らを発見が含蓄の方式の感情表現:猫みたい乖顺になったり、私に頼んで頭を歩く.秘密みたいな、私たちはすべてすっぱ抜い、私たちはまだお互いに未練を.

論点は最小の甥、まだ三歳不満もない学会含蓄.彼は毎回私の家に来ても、来て:私はつきもの抱きついて、彼は四肢を抱きしめて、丈夫に実の抱擁.彼は弁舌特別じゃないし、言うべきことではない人後に落ち、私と話す時、好きな私の顔を両手で、目には目を確定して、私は彼の話を聞いて.

の中秋節で、彼らの家族私の家に来て、夕食を食べた後、私は急いで行ってラジオ局、着替え服の扉を開けた後、甥がちらちらに私の部屋に入って、こすりながら鼻を見ながら、おばさん、私はあなたが好きで.そう言って無頓着で外へ行って、驚きかつ喜びの私だけを殘して.私は彼のほっぺたにキスが膨らんで、出かけて、途中、2歳の子供は明確に自分の感情を」

Copyright© 2012-2013 脱肛の基本知識 All Rights Reserved.