気をつけて!すべての脱肛人はすべて中風中風、6つの重大な発見

2016-08-23

この記事は、中風の想像を覆す.

昔、脳卒中は老人、高血圧、糖尿病、高脂血、肥満,運動者の特許で、自分がこの中にいないと、脳卒中は上門ないと思っています.

このように六割にはなりたくなった.

2008年、国際権威医学雑誌『Lancet(針刺腕)」篇研究分析初めて脳卒中患者の中で、約60%になってたばこ、高血圧、糖尿病,脱肛、高脂血、肥満などの危険因子が、40%の患者には完全にこれらの危険因子存在.

2011年、アメリカ心臓と脳卒中学会连袂アメリカ学会研究発表『Stroke(脳卒中)》雑誌は、、初めて脳卒中予防的治療ガイドラインに言及して、これらの伝統の危険因子が透けて食事、運動などの生活形態を変更し、いくつかの危険因子に変えることができなくて、たとえば、性別、遺伝子遺伝や年齢、また、更にその他の潜在的な危険因子が注目されている.

中風の中風危険因子を見つける

見落とさ

最近、台灣はあれらの未知、受けて40 %の中風の危険な因子を探し当てて、注意して,また多くの人が中風の危険にさらされる中で.

台灣脳卒中学会数年前から脳卒中登録し、1996~2008年の健保データベースを複数の研究では、平均追跡はち年半、多くの重要な発見して、少しは国際的に有名な雑誌に掲載され、一部が続く分析の中で.

康健という独占取得には第1手の資料を取得し、最新の本土の研究も含む:

1:虚血性脳卒中はすでに7割から7割にのぼっていたとしている.

虚血性脳卒中は出血性のご倍早く追いつき国際動向、北医公共衛生学院院長邱弘毅指摘.

この群は、80 %高血圧、45 %が異常、23
%が異常、40 %には、タバコを吸っても習慣があります.

大きな発見が2:中風の若い化傾向にあると、重大な発見だ.

の若い人の早い髪の中風中風、出血率は年より大きいのはわりに大きいです.

台灣出血性脳卒中平均ろくじゅう歳、新光病院神経科加護病室主任连立明は研究し発見して、出血性脳卒中は虚血性の比率が低いが、多くの若い人、入院日数も虚血性より多く何日じゅう、平均じゅうはち%(虚血性脳卒中死亡率は4%).

Copyright© 2012-2013 脱肛の基本知識 All Rights Reserved.