白朮の脱肛効能効果良い内臓を強くする健胃

2016-08-01

私の国では、いくつかのような白朮などが高い薬用の価値の薬草は普段、ずっと人々の病気が常选効果の良薬で、人々は选択用ビャクジュツ来病気を治療する時、白朮が持つ効果効能も、早めに行理解しなければならない.

「P機能担当

脾臓、益の胃がなくて、乾燥した湿気、中、流産を防ぐ.治の好みのガスが弱くて、不思食、倦怠が少ないガス、虚は膨れて、腹下し、痰饮、むくみ、黄疸、濡れ痹、小便は不利に、めまい、自然発汗、胎气不安.

p> <いち、《日華子本草」:"治すべて風を患い、様々な病気や病気の原因、冷房は腹は膨れて、腰のひざを補って、消痰、治水蒸気利小便まで吐き気吐く逆、及び筋骨弱ソフト、痃癖气ブロック、婦人は寒い症瘕、温疾、山嵐瘴気り、いらだって長い筋.としても、

に、医学启源:"除湿益乾燥やに益の息、温中、好みの中で湿り、胃の熱い、強い好み、進食、胃、生の唾液、主筋熱、四肢はだるくて眠気を催して、目は運転し、怠惰好臥,不思飲食、渇きをいやして、流産を防ぐ.としても、

さん、李杲:" ;諸経の中に濡れてか好み.としても、

よんしよ、王好古:" ;理中益脾、補肝风虚、主舌本强、食は吐く、胃が痛くて、体が重くて、心を痛く心急、進水悪漢、沖脈を病、逆ガスに急、臍腹痛.としても、

はp> <ご、《本草衍義補遺』:"汗汗は髪はやむ.仮想痰を消することができる.としても、

ろく、『本経》:" ;主な寒風と寒気が濡れ痹、死の筋肉がけいれんす、黄疸、止汗を除いて、熱を.としても、

ななしち、『别录」:" ;主な風が身面、風眩頭痛、目に涙が出消痰、水、風水を結ぶ間を皮腫れを除いて、心で急に満ち、やコレラを吐いだけではなくて、利腰臍間血、益の唾液、暖かい胃、消穀好食.としても、

はち,脱肛、『耐性論」:" ;主な風痹頑張って、長年ガス赤痢、腹心の膨れる痛み、破れ消宿食、食欲を刺激して、痰の誕生に行われており、寒、止下泄、主面光悦び、驻颜に皯、治の水腫を止吐く逆、腹部膨満、寒くて痛い、吐瀉ない住んでいる、と胃气虚寒い赤痢.としても、

はP:9、唐本草利小便.としても、

は「p用法用量量に注意

に注意して

に気をつけて

貧血状態乾燥喉が渇いて,气滞膨れる悶者忌着.

①《本草経集注』:"防風、吾亦紅をさせる .としても、

②『薬品化義」:"一般鬱結气滞、膨れてつまらなくてたまって、ほえる息をふさぐ、胃痛は火、炭疽多膿、黒」

Copyright© 2012-2013 脱肛の基本知識 All Rights Reserved.