豆乳煮え立つ後に脱肛はち分煮

2016-07-06

初めての時は偽沸を誤って食中毒の可能性があり家で自制豆乳はすでにファッションが、多くの人が今も自分で豆乳機を生豆乳煮も愛を回生豆乳自分煮
.みんな、豆乳を飲むには十分に炊けておかなければならない.豆乳が本当に炊けて偽沸き立っ豆乳を飲めば、食中毒を起こしかねない.豆乳の偽沸は、豆乳の中という皂素の物質による.温度は80℃程度ぐらいで、この物質は大量の泡が泡に浮かんでいることができます.そのときに飲むと、豆乳中の膵プロティナーゼが体内に入ります.高温で破壊され、加熱することができないと、食品中毒を引き起こすことができる.豆乳中毒の潜伏期間が短くて、普通はさんじゅう分からいち時間、主には吐き気、嘔吐、腹部膨満、下痢、腹痛、めまい、疲労などを伴う症状.もし症状は軽く、治療はもっと必要がないが,症状が重い人や児童は直ちに病院まで治療.だから、偽沸を避けるために豆乳を食べて中毒は、豆乳を徹底的に煮て飲む.豆乳沸騰後,脱肛、加熱、さらに8分煮て、また8分煮て.豆乳は大の火ではなく、すぐに大量の泡が出てくることは避けられない.中火で加熱すると泡が出始めた時、適切に火力を小さくして泡が消え,再び火を転任、豆乳が再び沸騰したらいい.豆乳が多くて、稠、加熱時一定の攪拌、その伝熱を均一にし、焼きを防ぐ.

Copyright© 2012-2013 脱肛の基本知識 All Rights Reserved.