寝るときは、脱肛勝手にしてはいけません。

2016-07-04

人の一生にはほとんど1/3の時間は睡眠中で過ごすことがほとんどあります.足をつり上げ睡眠法は一部の患者にとって確かにメリットがあります.心臓患者、脳血管血管病患者が眠る時、適切に高い下肢、心臓レベルに高い位置を上回って、このようにして循環的に微小循環を改善することができます.警察、教師、長時間歩いて立つ人は下肢血管静脈拡張,脱肛、血液は下肢に蓄積しやすい.睡眠時には足パッドが高く、血液がシャント回心臓,血液循環を促進し、下肢の疲労回復にも役立ちます.また、常に足の攣るの人、夜間睡眠は足を高くして高く、攣るを予防することができます. 専門家は、正常な人が寝ているときは脚のやり方をパッドが高いので、長くて心臓の圧力を大きく、下肢の酸欠、体に益がない限り、平日の睡眠はできるだけ体を保つことができるリラックス.特殊な人はどのように寝てやっと健康なことを注意します.更年期婦人は、動悸不眠、めまい耳鳴り、イライラ、怒りなどの症状が現れます.寝るときは、右臥位、四肢は快適な位置におい、全身の筋肉もリラックスできます. 頚椎病患者が寝ているときは平卧はずし枕枕を置いたり、首、首にさせない.また、急に激しく寝返りを打つな
. 肥満者は睡眠の時には注意を上半身,採用側位.そして不適あおむけの寝姿を採用し、あおむけにので、舌根后坠、呼吸をもたらしやすくて渋滯. 肢体半身不随の患者は自身の状況によっては医者の指示に従わ、特殊卧姿、保証患肢の血液循環と機能位、才能の回復に役立つ肢体. 、

Copyright© 2012-2013 脱肛の基本知識 All Rights Reserved.