医師の脱肛提案:毎日異なって靴を履き、足湯を履き

2016-06-16

耳に水虫が、あなたはそれが自分から離れて届かないのでしょうか?水虫は足の裏感染で一種の白癬菌のカビという、その白癬菌がともに感染者の角質ともに抜け落ち,脱肛、ひいては人に伝染する.日本の報道によると、一般的にはほとんど家で靴を脱いで歩いて、そのため最も感染しやすい水虫は家庭.でも日本皮膚病学者仲弥は,ただ毎日足湯、改着5足の指の靴下、感染予防に水虫.

高温多湿の環境は、白癬菌の最優秀繁殖する場所

白癬菌は1種のとてもタフな菌、人体に剥がれ落ちた白癬菌床に限り、単独に殘して、短い時間以内が死亡.しかし、いったん潜伏していた角の皮は、高温多湿の環境で、1年以上生存することができます.それでは浴室のスリップパッド、足白癬菌はパッド、すなわち最良の寄生場所.

対抗白癬菌の第一歩は、家の中を見つけるそこは高温多湿の場所、キッチンなどを踏まえ、トイレのスリッパを敷いて、定期クリーン、徹底的に乾燥.カーペット、木製の床は掃除機をかけて掃除する.は環境清潔のほか,医師は仲弥から個人衛生習慣予防白癬菌、上半身.

毎日足湯、遠く離れて水虫

白癬菌の寄生速度、湿度ともに高低として増減する.例えば、もし体温35度、湿度85%と、たとえ一週間、白癬菌は侵入角質.同じ体温が、湿度を100%増、白癬菌はただ一日だけで角質内寄生.

でも角度を変えたい、たとえ極めて湿っぽい環境の下、白癬菌が24時間が角質内寄生.だから毎日入浴する時にも、丁寧に清潔指縫と足裏、これが気軽に白癬菌菌侵入を防ぐ洗い落とし、角質層.しかし注意して、もしすぎる洗浄足を縫って、または使用角質に行って磨石摩擦足裏と、かえって傷皮膚、白癬菌やすく侵入.

対抗白癬菌、毎日履き替える違う靴

日本よる疫学調査研究によると、1日に着はち時間以上靴の人を得て、水虫の確率は、遠く高於はち時間以下の人.靴は閉鎖気密空間だから成長しやすい白癬菌は、細菌の繁殖させないために靴の温床になるため、できるだけ多く何組の靴を備えて外出して、毎日順番に着替え、そして他の靴を置いて風通しの良い場所通風.このほかに、ブーツみたいな稠密の靴型は避けては避け.そしてこの先端が尖って狭いハイヒールの靴、足指全混んで、固定指の間の白癬菌.靴下を着ても変更綿の質やシルク、この吸汗通気の材質、もし着5指ソックスは、もっと指の空間は広くなって、さらに活動通気.7個の保養両足の秘方をしている

白酢水があれば水虫!足裏にある十大症状と予防

Copyright© 2012-2013 脱肛の基本知識 All Rights Reserved.