自脱肛分にとって

2016-04-14

自分、経年の昔の事の累積していることは多くない、でこぼこしてでこぼこ、楽しみは心ゆく、できるだけ!自分について、静かで略式ことのあれらの年、もてあそんパソコン、振り子置携帯電話,遊休多くの年月と感情
!一人で自分について、目の表面、鼻の味覚、話題の先覚者、心の天地!

1段の古い時間、あれらの年、疲れていることの感情を失って、互いに、生活は難しくて、毎時の気持ちになることを関心しました!時は流れて、傷の痛みは蓄積、淡た友情、親心も傷つけた、壊れた心ながらも、たった一度!感情は経験、痛みは磨き、成長は継続、すべてが心に瞭然!

生活も苦しくて、仕事も苦しみ、態度も疲れて,そんなに時間も、突然の荒涼隠しながら,脱肛、繁殖を週り、まるで春水知らない誰が流れ、夏花わからない誰のための香り、秋風暁ないなぜ漂い、冬梅知らない誰に進退香!

のある日、私は窓を開けて、日光のシャトル雨の中で、新鮮で柔らかい柳条川岸に揺れて、きれいな風が吹いて私の顔、私は深く吸って、心が急に開けて、私はここに立って、私の存在を私に教えて、経歴自体は一種類の味はむずかしいにもかかわらず、苦痛ですが、やはり甘酸っぱい!

P人生は短い数十年、常に自分を説得して、あれらの事はして、あれらの事は必要にして、中は度がある、乃は処世の道!見ることのできない心は心、心は踐!生活の百態を味わう、生命に意義がある、自分にとって、悔いのないことはない.

Copyright© 2012-2013 脱肛の基本知識 All Rights Reserved.