脱肛のセルフ還納法

肛門から内痔核が出てしまい、自然に戻らない場合は自分の指で押し戻すことができます。それを還納といいます。

脱肛したまま放置すれば、うっ血がひどくなり内痔核はどんどん大きくなります。その結果、座ることすらできなくなったりかんとん痔核になることもありますので、できるだけ早く還納しましょう。

いくつかの方法をご紹介しますので、やりやすい方法で行ってください。また、還納後はしばらく安静にしましょう。

①立ってする方法

立ったまま還納する方法です。

  • ガーゼにワセリンかオリーブオイルか痔の軟膏を塗っておきます
  • 足を肩幅くらいに開きます
  • 前かがみの姿勢になり、頭を肛門より下の位置にします
  • カーゼのワセリン等を塗ってある面を痔にあてがいます
  • 肛門の力を抜き、利き手人差し指を使って、少しずつ痔を肛門内に押し戻していきます
  • 肛門内に入ったガーゼをそっと引き抜きます

ちょっとツラい体勢ですので、年配の方や筋力の弱い方にはおすすめできません。

②寝て(仰向け・うつ伏せ)行う方法

-仰向けでの方法-

  • 仰向けに寝そべります
  • 枕やクッションなどをお尻の下に入れてお尻の位置を高くします
  • ワセリン等を塗ったガーゼを痔にあてがいます
  • 指を使ってゆっくり押し戻します
  • ガーゼを肛門からそっと引き抜きます

-うつ伏せでの方法-

  • 床にうつ伏せになります
  • 膝を立ててお尻を突き出すようにします
  • 両手を後ろに回し、ワセリン等を塗ったガーゼを痔に当てます
  • 指でゆっくり押し戻し、ガーゼをそっと引き抜きます

これら寝て行う方法は、立ってやるよりも脱肛が戻りやすいと言われています。

③座ってする方法

これは、外出先でご紹介した体勢を取れない、指が使えないなど緊急時の方法です。症状が重い場合は戻らないこともあります。

  • 椅子にごく浅く腰掛けます
  • 両足を前方に伸ばし、背中をのけぞらせるようにします
  • この状態でお尻に力を入れると、戻ることがあります

このように、軽症~III度までの内痔核ならば、自分で還納することができますのでお試しください。

その時は以下のポイントが大切です。

セルフ還納の注意点

  • 手・指・肛門周りを清潔にする
  • 指が滑らないよう、ガーゼや指サックを使う
  • ガーゼがないからといってトイレットペーパーはNG
  • 内痔核が数個多発している場合は1つずつ戻す
  • 還納後は横向きに寝て30分ほど安静にする
  • 寝られない場合は椅子に座って安静にする
  • 安静後はシャワーやカイロなどで患部を温める

還納しようとしても戻らない場合は、すぐに病院へ行ってください。

Copyright© 2012-2013 脱肛の基本知識 All Rights Reserved.